ゲームを売るなら買取価格の比較が重要!

遊ばなくなったゲームをいつまでも手元に置いても仕方ありません。
もうこれからも遊ばないだろうなと思ったら、現金化するためにも、ドンドンと売りに出すべきでしょう。

しかしどうせ売りに出すならば、少しでも高いところで買取ってもらいたいのが正直なところだと思います。
少しでも高くゲームを売るなら、ショップで比較をしてみることです。

最近ではネットでの買取をしているお店も多くあり、買取価格の表を掲載しているサイトもあるので、相場を比較する参考になります。

色々なサイトを見て比較検討してみると、高く売れるショップが見つかることでしょう。
もちろん自宅の近くに実店舗があるならば、そこも候補に入れることも考えてみましょう。

しかし、高く売れそうなショップが見つかったからといって、単純にそこで決めるのは得策ではありません。
ネットショップで送料などが掛かってしまった場合、ゲームを売ることで得たお金が減ってしまいます。

買取店によっては、何点以上送ると送料が無料などをやっている所もあるので、価格だけでなく、最終的に儲かる売り方を探してみましょう。

ゲームは、発売時期が新しければ、思いの外高く売ることが可能だったりします。
なるべく得をするような売り方をしていきましょう。

参考:ゲームを売るならどこがいい

ゲームを売るならどこ?ブックオフ買取が高い?

部屋を片付けていると以前に購入したゲームがたくさん出てきました。
プレイステーションやニンテンドーDSといった本体をはじめ、ソフトも多く家の中に眠っていたのです。

捨ててしまうのは勿体ないと思い、ソフトを近くのブックオフに持って行きました。
プレイステーションやニンテンドーDSのソフトでしたが、古いゲームも混じっており、本当に買い取ってもらえるのか心配でした。

実際に、ブックオフで売る為に店舗に持って行きました。
数が多かったため、査定に若干時間を要しましたが、トータルで5千円近くの査定額となりとても嬉しかったです。

買取査定に行っていなければ、そのまま処分していたので、ブックオフに行ってみて良かったと改めで体感しました。
保管状態が良かった事や、人気のゲームがあったため、トータルの査定額が高くなりました。

思いもよらぬ臨時収入が得られたので、大変満足でした。
そのまま買取してもらい、部屋も荷物が少なくなりすっきりしました。

ゲームを売るなら、人気の高い作品ですと査定額も大幅にアップします。
また、保管状態が良い事も査定額に大きく影響します。
大切に扱って保管しておく事で、高価査定に繋がる事が出来ます。

ゲームを売るならどこ?ネットオフ買取が高い?

ネットオフの買取を依頼したのです。
私はPS2、4、スーファミをメイン機種として利用しています。
昔に比べて価格はとても買いやすくなりました。

しかしながら、手頃に買える、という事は自分でその業者に売ったとき非常に安く買い取られる、という事です。
その感覚がとても良く分かった経験譚です。

買取価格に関しては、単価6000円程度のゲームを売るなら、最新であればそこそこ値が高くなるのは皆様理解していることと思います。

実感としては3ヶ月程度経過すると値崩れします。
場合によっては数週間と最近の実情は世知辛くなっているようです。

私が本件で売りに出したゲームソフトは、最も高くて1300円でした。
その1本のみ高くて、他のソフトは100円~300円程度です。
それも数を重ねてやっと、という感じです。

業者に依頼すると、やっぱり安くなってしまう。
だからこそ、ゲームを売るなら個人売買やメルカリといった通信販売システムが好まれるのでしょう。

結局のところ、二束三文にされるくらいなら、500円~1000円程度で購入したい、という人に手が渡ってしまうのが実情です。

その証拠といっては何ですが、こうした買取ももう利用したくないな、と感じましたし、ダウンロードによる販売も一般化してしまい、中古屋さんそのものの数が減っているのです。
そろそろ潮時かな、と思います。

個人間での直接やりとりとダウンロード利用、これでは中古販売は限界です。
売れない商品の在庫過多、こういった結果になるのではないでしょうか。
ゲーム買取を利用することで、上記の事が実感出来ました。

ただ、見失ってはいけないのは、ゲームそのものを楽しむ心もどこかに置いて来ているんじゃないか、という点です。
好きなソフトは手放しませんし、今後も大事にしたいものです。

残す作品、売る作品、その選別はあくまで個人の判断ですから、買うのも売るのも慎重に、と。