アーカイブ

スカイレストラン ロンド、札幌の眺望を360度楽しめるフレンチレストラン

札幌駅の隣に位置するセンチュリーホテルの23階にスカイレストランロンドというフレンチレストランがあります。

ロンドは360度回転するレストランで、このような形で札幌の眺望を楽しめるレストランは唯一ここだけなのです。
私は、このレストランを利用したことがあるのは2回です。

一回目は夫と私の誕生日にフレンチディナーを楽しんだ時。
そしてもう一回は、父の誕生日のお祝いに利用させていただきました。

生れてからずっと札幌に住んでいる父は、一度もロンドを利用したことがなかったようで、ディナーに連れて行ったときに、その眺望に感動したようでした。

今回、私がこのレストランのおススメをご紹介したいのは、北海道産の野菜をふんだんに使用したフレンチディナーコースです。

ロンドは季節ごとによってメインメニューが変わります。
旬の野菜を使って提供される料理はどれも大変繊細で上品な味であり、まさに特別な時間を過ごすのにピッタリのメニューです。

景色の良さに加えて、どの料理も味が良く、スタッフもしっかりとトレーニングされた様子が伺えるため、安心して過ごすことができました。

私たちが堪能させていただいた料理は一人7500円のコースでしたが、フォアグラなどを使った料理などもあり、そちらであれば一人10000円程のコースになります。

前菜からデザートまですべてに大満足のフレンチ。
ロンド、スペシャルなお祝いはぜひここがおススメです。

店名:スカイレストラン ロンド
住所:北海道札幌市中央区北5条西5丁目23階
電話:011-221-3008

オトヌ、鹿児島市の非日常的な空間のフレンチレストラン

薩摩藩の島津家当主、島津久光公の別邸だった建物を武家屋敷造りはそのままに、和とモダンが融合したゲストハウス型の結婚式場。
マナーハウス島津重富壮の中にレストラン、オトヌはあります。

オトヌの中は、かつてのお屋敷の部屋を改装してありますが、欄間や襖がそのまま残されていたり、美しい模様が入った陶器でできた釘隠しが当時のまま使われていたり、落ち着いた和モダンの空間が広がります。
一面いっぱいの窓からは美しい日本庭園が昼と夜、晴れと雨、その時々でそれぞれに美しい表情で迎えてくれます。

オトヌの料理は、創作フレンチのコース。

昼が3000円、4500円、6500円、8000円の4コース。
夜は10000円、15000円、18000円の3コースです。

どちらも10パーセントのサービス料がかかります。
内容は基本的にお任せで、苦手なものやアレルギーは対応して頂けます。

オトヌでは、前菜から季節に応じて旬の物がふんだんに使われ、鹿児島県産の物を多く取り入れていることも特徴です。
普段の食事では食べられないトリュフや鳩など、めずらしい食材が出てくることもたくさんあり、興味深くお料理を頂けます。

温かいものはお皿まで温かく、冷たいものはお皿も冷たく、オトヌはサーブのタイミングも完璧です。

お料理の説明も丁寧で、でも長すぎることもなく、お願いすればお料理に合わせた飲み物をセレクトして頂けたり、一流のサービスを受けられます。
ゆっくりと食事と空間を楽しむことができ、オトヌでは、まさに非日常を味わえます。

一回の料金は確かに安くはないですが、特別な日を最高の料理とサービスで忘れられない日にできる価値のあるお店だと思います。
いくつかの条件をクリアすれば、個室を貸切ることもできます。

結婚式場がメインのため、レストランでも婚礼が入っている事も多々あるので、予約は必須です。

店名:フレンチレストラン オトヌ
住所:鹿児島市清水町31-7
電話:099-247-3122

ビストロ ウィウィ OUI OUI、鎌倉+500円メニューや本格ジビエも!

ウィウィは、鎌倉駅から徒歩3分!
日帰り鎌倉散策の〆にサクッと立ち寄れます。
ウィウィは、鎌倉には数少ない赤ちゃん連れでも対応してくれるお店ですので、家族連れでもママ友同士でも入りやすい雰囲気がポイント大。

ディナーは500円台から2000円台までと幅広く、ウィウィはちょい呑みにも記念日にも使えるカジュアルフレンチ。
光が燦々と差し込むランチタイムは、プリフィックスにアラカルトを追加がおすすめ。

ウィウィの一階には有名な天然酵母パン屋さんの販売スペースも。
自然派ワインやクラフトビールのラインナップも充実。
アンティーク家具や雑貨、大ぶりのお花やドライフラワー、グリーンが調和した素敵な内装は、断然女子受け間違いなし。

鎌倉野菜の直売所が付近にあり、毎朝そこから仕入れているとのこと。
ウィウィでは新鮮な野菜が食べられることも二重丸。

季節のスープ、500円がまずはお勧め。
「いまどきスープをちゃんと出しているビストロは少ないと思います。スープはそれだけでお腹がいっぱいになってしまいますから」、だそうです。

シンプルで素材の味を生かした優しい味わいと、旨味をばっちり効かせた鰺とジャガイモの燻製テリーヌ、焦しバターソースなど、メリハリの効いた味付けがグー。
KIBIYAベーカリーのパンと豚肉のリエットはぜひ自然派ワインとどうぞ。

フランボワーズの風味がキュートなキャロット・ラペは、レンズ豆のサラダ添え。
他にもオマール海老のグラタンや秋のジビエなど、お得感と高級感を兼ね備えたメニュー構成が魅力。
デセールは常時3種類。おすすめは季節のタルト、特に初夏のルバーブのタルトは絶品。

ウィウィは、Hanakoや湘南スタイルといった有名誌にも、掲載経歴アリ。
鎌倉はシラスだけでなくワインショップやビストロ、ワインバーなど、気軽に立ち寄れるお店がたくさんあり、お店同士の仲が良いことも特徴です。
土地の風土がそうなのです。

スタッフの方に尋ねてみれば、気さくにおすすめのお店や、過ごし方、ぜひ行ってみるべきの観光スポット情報も教えてくれます。
ウィウィのフランクな接客も魅力。

店名:ビストロ ウィウィ OUI OUI
住所:神奈川県鎌倉市小町1-5-18
電話:0467-81-3352

ラクーアンクロシェ、大分で気軽に箸でも食べられるカジュアル・フレンチ

昨年の10月に大分県の府内町にオープンしたカジュアルなフレンチ料理店、ラクーアンクロシェは東京のトシヨロイヅカで修業したご夫婦がオープンしたお店です。
明るい店内と優しい雰囲気の奥様が接客をして下さいます。

ラクーアンクロシェのランチは800円から、コース料理もあるようです。
ディナーは3000円からのコース料理とアラカルトでも注文できるようで豊富なワイン、ワインカクテルも魅力です。

まず、アラカルトを注文した中でオススメは鴨肉のロティです。
香ばしくパリパリにローストした鴨肉にバルサミコ酢のソース、色とりどりの野菜が綺麗に盛り付けられています。
この鴨肉のロティが赤ワインにすごく合っています。

あと、オススメしたいのが、ラクーアンクロシェ自家製デミグラスのオムライスです。
ふわとろな半熟卵に濃厚なデミグラスのソースとニンニクの効いたチキンライスは味がしっかりしていて今まで食べたなかで1番美味しいと思ったオムライスでした。

後、ラクーアンクロシェで忘れてはいけないのがデザートです。
食後に季節の皿盛りデザートを頼みました。

レモンのパウンドケーキと桃のコンポートバニラの風味の効いたバニラアイスが綺麗にもお皿に盛られていました。
味もさすが東京で修業されただけあるなと思ったお菓子で、ラクーアンクロシェは料理もすごく美味しく、また行きたいと思えるお店でした。

店名:ラクーアンクロシェ
住所:大分県府内町1丁目3-18ポラリス府内103
電話:097-576-7575

ブラッスリーオザミ 丸の内店、オフィス街でカジュアルフレンチランチ

店名:ブラッスリーオザミ 丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル1F
電話:03-6212-1566

丸の内のオフィス街、国際フォーラムのすぐ近くにあります、ブラッスリーオザミ丸の内。
有楽町駅、日比谷駅、二重橋前駅、東京駅が徒歩圏内でアクセスはいいと思います。
ブラッスリーオザミは、新東京ビルの1Fということで、お昼の時間帯はいつも大変賑わっているのは知っていてずっと気になっていたお店です。

ブラッスリーオザミの外観はとてもおしゃれで、丸の内のオフィス街の中に急にパリ!
とにかく若い女性が好きそうな、パリのカフェのようなイタリアのバールのような外観です。

ブラッスリーオザミの中に入ると以外に広く、カウンター形式の立ち飲みエリアとテーブル席がありました。
舗道に出たテラス席?はちょっと恥ずかしいかな・・・平日のお昼の時間帯にお邪魔しましたが、わたしも含め意外に女性のおひとりさまが多く、ほっとしました。

平日のランチは、とてもお安くて日替わりランチは1080円!
日替わりランチの他に定番ランチもあります。

ランチは前菜、パン、メインで月曜日はコーヒーか紅茶が付いてきます。
この日の日替わりランチ、お肉はきのこのソースのハンバーグ!
迷わずハンバーグに決定です。

前菜はかぶのポタージュにキッシュ。
パンは冷たいままだったけど、全粒粉で好きなパンでお代わりをお願いしてしまいました。

ハンバーグはホワイトソースでしたがとてもジューシーで美味しかったです。
このソースにパンを浸けていただきましたが美味しすぎました。
(それでパンお代わり)

ブラッスリーオザミはいつも混んでいるのですが、また夜にお邪魔したいです。

恵比寿ガーデンプレイス、ビストロ石川亭は何度行っても飽きない。

店名:ビストロ石川亭
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目20-4 恵比寿ガーデンプレイス グラススクエア B1F
電話:050ー5592ー9359

恵比寿ガーデンプレイスの地下にあるビストロ石川亭。
ビストロ石川亭の店内はテーブルとテーブルの間もわりとゆったりで、寛ぎ感はばっちりです。

ランチセットでは、前菜、メイン、パンorごはんを選べられて前菜もメインもそれぞれ4.5種類ほどあり、どれもとてもおいしいです。
定期的に通っているのですが、ビストロ石川亭は毎回メニューがかわっており、ソースなども変わっているのでいくたびに飽きずに通っています。

メニューはどれを頼んでも絶品で、中でもハンバーグは最高においしいです。
パンもフランスパンをあたためてあたたかいうちに持って来てくれて、スープなどにつけてだべてもとてもおいしいです。

ビストロ石川亭のランチセットは1300円ほどで、とてもボリュームと味でこの値段はお得だと思います。
前菜も何を頼んでもおいしいです。

メインのお肉やお魚の下にあるポテトクリームなようなマッシュポテトのようなものもとても、絶品でそれだけは毎回メニューに変わらずついてくるので、それをたべるのもいつもたのしみです。
ビストロ石川亭の店員さんも手を挙げなくてもすぐに気がついてくださり、とても丁寧で好感が持てます。

ビストロフルフル、新潟市中央区にあるリーズナブルなフレンチ。

店名:Bistroフルフル(flue flue)
住所:新潟県新潟市中央区出来島1-2-13 オーグ県庁前ビル1F
電話:025-285-5715

フルフルは、新潟市中央区の県庁の近くにある、気軽にフレンチを楽しめるお店です。

フランスの家庭料理を主にメニューに取り込んでいて、ほっこりするような美味しさには定評があります。
中でも、フルフルのカキのリゾットは、五穀米を使って作られていて、カキもスプーンで切れるくらい柔らかくて絶品です。

フルフルは一つ一つのメニューがリーズナブルで、コストパフォーマンスが魅力的です。
そのため、カップルだけではなく、ママ友同士などの会で利用している人も多いです。

フルフルは、土日は満席になるくらいの人気店であるため、待たずに入りたい時は予約が必須です。
お肉とお魚料理が日替わりで用意されているため、何度足を運んでも楽しめるお店です。

また、フルフルの店長さんもとても素敵で印象的です。
ちょっとした洒落を利かせた接客をしてくれ、腰の低い対応は好感を持てます。

夜は12時まで営業しているので、仕事終わりにも気軽に立ち寄ることができます。
駐車場は3台分用意されていますが、もし全部埋まっていた場合には店員さんが案内してくれます。

料理良し、サービス良しなので、フルフルは自信を持って勧められるフレンチの名店です。

西宮北口の野菜ビストロ レギューム、ちょっと特別な日のお食事に。

今日ご紹介したいのは、西宮北口すぐにある、野菜ビストロ レギュームさん。
レギュームはビルの最上階に位置し、テラス席からそのまま屋上庭園で眺めを楽しむこともできるのです。
ランチに何度か行ったことがあるのですが、お客さんの層は幅広かったです。

子ども椅子もいくつかあるので、お子様連れでも大丈夫ですし、女子会のように奥様方が数名で来られていたりもしました。
私も一度子連れで行ったのですが、あいにく子ども椅子は全て使用中…
でもソファに座らせていただいて、子どもも不自由なく食べていましたよ。

レギュームには、お子様ランチは特になかったので、単品でハンバーグを注文しました。
私たちはランチメニューをいただいたのですが、中でも有機野菜を使ったストウブ料理が絶品で!
これがもう一度食べたくて、お友達とまたレギュームに来たほどです。

ストウブというのは、ご存じの方もおられるかと思いますが、ホーロー製のココット鍋です。
そこに美味しいお野菜と、ホロホロに柔らかいスペアリブの旨味がギュギュッと凝縮されています。
これが本当に美味しいのです。

お野菜が豊富なのでお腹いっぱいになるかな?と気になりましたが、前菜はもちろん、パンか玄米、食後の飲み物、デザートもついていて、食べ終わる頃には満腹感と身体に優しいものを美味しくいただいた幸福感で満たされていました。
これでお値段1980円でした。

レギュームの店員さんの接客も丁寧で、道が混んでいて予約の時間に遅れてしまい、お電話したら快く許していただけました。
「ゆっくりでいいのでお気をつけて」と…
この一言がとても嬉しいですよね。

いつかディナーも行ってみたいと思っています。
美味しいワインも飲みたいなぁ。

夜景も綺麗だと思いますし、お昼とはまた雰囲気が違うのでしょうね。
ちなみに月曜から木曜日までは2980円でヘルシーディナーというのもあるそうです。

皆さんも機会があれば、ぜひレギュームに行ってみてくださいね。
ちょっと特別な日のランチやディナーにおススメです。

店名:野菜ビストロ レギューム(Les Legume)
住所:兵庫県西宮市高松町5-39 なでしこビル8階
電話:0798-65-3211

※駐車場はないので、近隣のコインパーキングを使われるか交通機関の使用がおススメです。

都市高速野芥ランプ近く、ビストロシュンは本格派なのにカジュアル。

ビストロシュンは、263号線を西新方面を背に佐賀方面に走り、都市高速の外環状とぶつかったところ、その交差点の角にあります。
場所はとてもわかりやすく、地下鉄野芥駅が最寄り駅です。
駐車場も完備されていて、7台ほどは駐車できそうです。

元々は橋本でお店をされていて当時はBISTRO Shun 139という屋号でした。
ビストロシュンは、とてもオシャレなお店で知る人ぞ知る感があり、初めて友人に教えられた時は興奮したのを覚えています。

いつも通っていた道だったのに、ビストロシュンが本格的なフレンチのお店だなんて全く気が付きませんでした。
それ以来、橋本時代から数回お世話になっています。

2900円、5200円、6700円、とコースは3種類(全て6~7品)、フレンチのディナーコースで2900円なんて聞いたことがないです。
2900円コースも7品というボリューム。

わたしはいつも5200円のコースをお願いしていますが、毎回違うお料理で盛り付けも楽しく、どれも美味しいです。
特にオマール海老のビスクがお気に入りで、この中に入りたいとすら思ってしまうレベルの美味しさです。

メインはもちろん前菜からパン、サラダを経てデザート、最後のコーヒーまで無駄なく美味しいです。
ただ、今の野芥のビストロシュンも素敵だけど、個人的には前の橋本の店舗の頃が好みです。

味は変わらず全部美味しいですが。

店名:ビストロシュン (Bistro Shun 【旧店名】ビストロ shun 139 )
住所:福岡県福岡市早良区野芥2-1-46
電話:092-834-8633