ぎおん佐藤、京都祇園の隠れ家的寿司割烹で京都の夜を楽しむ

観光客で賑わう祇園の花見小路より少し西に入った裏通りに、ぎおん佐藤はある。
昼間の喧騒とは打って変わって、夜の祇園はしんと静かで、メインストリートを外れると一気に古都の趣が強くなる。

京町家がずらりと並ぶ中、赤い提灯とレンガ色の暖簾が目印のこの店は、一見すると一言さんお断りと言われてしまいそうな佇まいだ。
(もちろんそれは事実ではなく、初来店で急な予約であったのに、大将は電話にて快く応じてくれた)

ぎおん佐藤びディナーコース(11,000円~20,000円)はいくつかあるのだが、ぜひともここでは鯖寿司を含むコースを選んでほしい。
驚くほど肉厚な鯖に、いい塩梅の酢飯がぐるりと包まれた鯖寿司は見た目が既に素晴らしく、もちろん口にしても期待を裏切らない美味しさだ。

ぎおん佐藤は日本酒の取り扱いも多く、料理に合ったものをおすすめしてくれるので酒の知識が無くても大丈夫。
大将はもちろん淀みない動きで料理を仕上げ、それでいてお喋りがまたとても上手。

ぎおん佐藤は、芸者さんや舞妓さんを抱える置屋のおかみさんも好んで来られるようなお店だという事実が、祇園という特殊な土地でもしっかりと評価を受けているという証拠ではないだろうか。
コースに加えて酒もすすめばもちろん高い夕食代となってしまうが、京都の夜をお手頃に満喫するなら、ぜひともおすすめしたいお店だ。

店名:ぎおん佐藤
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-118
電話:075-531-8811