友人からお金を借りるなら賢い借金返済方法が必要!

友人から、お金を借りるなら相手のことをよく考えましょう。
というのも、借金返済方法を間違えると人間関係を壊す可能性が存在するからです。

ですから、友人から借りたお金は「いつまでに返す」という約束を取り決め、その期日までに返すように努力してください。
それはカード会社に借金返済するのと何も変わりません。

変な話、会社にお金を借りないのであれば、友人に借りているのなら、ちょっとぐらい待ってもらえるんじゃないか。
みたいな考えを持つ人もいると思いますが、それは大きな間違い、賢い人間ではありません。

借りているという図式は、会社を通しているかいないかだけで、何ら変わりはありません。

むしろ友人に直接借りるほうが「信頼」を担保としているため、一旦、借金返済を滞らせると相手方の信頼は一気になくなるでしょう。
そしてあなたの信頼は地に落ちます。

お金が原因で縁が切れたなどという話は、世間によくあることですが、これは本当にそうです。
私の周りでもお金の貸し借りで、人間関係が壊れたケースは多くあります。

そのほとんどが「仲の良い友人だから、延滞したって追い込まれないだろう」という軽い考えが頭にあるせいです。

親しき仲にも礼儀あり、という賢い教えを心の中に留めておき、仲の良い関係だからこそ大切なものがあるというのを忘れないでください。

参考:借金返済

借金返済方法の間違いで友人関係が壊れた体験談

支払いに追われていた時、僕は複数人から、お金を借りていました。
借金返済が膨らみ利息も相当な金額になっていた時、友人の一人が苦しいなら金を借すと言ってくれたので、その時にお金を借りて返したのが始まりでした。

その時は本当に助かって、ありがたいと思ったのです。
ですが、そこで僕は甘えてしまい、他の友人にもお金を貸してほしいと頼みだしたのです。

大体は快く貸してくれました。
その時、僕は生活にゆとりがなく、借金返済方法で頭がいっぱいで、友人のことを考える余裕がなくなっていたのです。

本来なら、周りに気を使って、お金を借りるべきではないのですが、その時の僕は当たり前のように繰り返していました。
そしてある時、友人の一人から、いい加減にお金を返してくれと言われたのです。

そのお金は借金返済に回していて、すぐにお金は返せません。
もう少し待ってほしいと僕は言ったような気がします。

それからしばらくすると、僕は借りたお金を返さないと噂が立っているという話を、友人の一人から聞くことになります。
多くの人からお金を借りていたので、みんなが不満に思っていたのでしょう。

期限を決めていたわけではないのですが、「帰ってこないんじゃないの」と不安に思っているとのことでした。

その時僕は、借金返済方法で頭がいっぱいになって、友人を失っているという、ひどい喪失感に襲われました。
お金を借りたせいで失ったものは、本当に多かったと思います。