鹿児島県指宿のにある唐船峡は、そうめん流しを楽しめる場所

店名:唐船峡 そうめん流し
住所:鹿児島県指宿市開聞十町5967番地
電話:0993-32-3364

昭和37年、川上の湧水を利用し竹樋で作ったそうめん流しがスタート。
昭和45年、回転式そうめん流し器の意匠登録をして全国第1号のそうめん流し発祥の地となりました。
唐船峡は、年間約20万人も訪れるという、指宿の観光スポットのひとつです。
朝は10時からオープンしていますが、唐船峡の閉店時間は日によって違うとのことなので確認してから訪れるとよいです。
基本的には休みはなく、年中無休で営業しています。

唐船峡の駐車場は料金は無料です。
駐車場から沢へ降りる階段があります。
エレベーターもあるので、配慮が嬉しいです。

緑の中を歩いていくと、沢の音が聞こえてきて目にも耳にも、もちろん体感的にも、なんとも涼しいです。
夏場は、唐船峡に涼を求めてたくさんの人が訪れます。

通路の奥に食券売り場があるのですが、大行列になります。
1時間、もしくはそれ以上並ぶなんてこともよくあるようです。

食券を購入し、席に案内されます。
それから食券を唐船峡の店員さんに渡す、というシステムです。

唐船峡のお店の中は、思っていたより広く規模が大きくてびっくりします。
円形の回転式タイプのそうめん流し器が、各テーブルに設置してあります。

定食が5種類、季節限定メニュー、ビールやおつまみ、単品もあります。
めんつゆは、市販のものより少し甘めです。
でも、それが美味しくてクセになります。

唐船峡オススメは、そうめん・マスの塩焼き・鯉こく・いなり寿司3個の、いなり定食です。
1440円で、観光地価格かなという感じはしますが、量も、内容も、ちょうど良いです。

ぐるぐる回るそうめんは、こどもも大人も楽しめます。
お子様連れにもオススメのお店です。